ノースフェアリーズ

中村農園

世界遺産で有名な知床の味覚をあなたに!育ちは知床、優れた技術生産者から皆様へ産地直送致します。
アイヌ語で「地の果て」を意味する知床。豊かな大地、清らかな水と冷?な気候に恵まれた知床。旬となる季節を迎えて朝夕と日中の大きな温度差が中村農園のこだわりの農産物を育んでいます。知床は四季が鮮明です。農作物は限られた期間、雄大な知床の大地のなかで美味しい空気と水を取り込みながら一生懸命に育ちます。中村農園は、FFC農法で実現した、農作物が生育するのに十分な土壌と水の良好な環境の中で大地の根をしっかりと張った、元気で生命力のある農作物を育てています。

中村農園のこだわり

中村農園のこだわり

中村農園の農産物は、安全・安心・良質にこだわりを持ってFFC農法にて栽培しています。

FFCとは?

FFCとは?

FFCとは水の命を蘇らせる技術で、赤塚植物園グループが1993年に登録した商標です。FFCの語源は特殊な鉄分Ferrou Ferric Chiorideに由来しています。この特殊な鉄分は太古の海水中に存在し、生命の誕生に大きな役割を果たしたと推測されており、生物の本来の生命力を回復する力を持っています。これは物質の変化を「腐敗・分解」の方向から「蘇生・合成」の方向に切り替える作用を持つと思われます。例えば、水や土壌の改質、汚染環境の浄化、人間をはじめとする動物や植物の生命力を高める働きがあります。また、生物の遺伝情報を的確に読み取り、環境対応能力を拡大したり、自然治癒能力を高めることなど色々と応用されます。

FFCテクノロジーの特徴

FFCテクノロジーの特徴

  • 生物の期の鵜や活性を高め、酸化や腐敗を抑制する。
  • 水と土壌を改良し、自然界の物質循環を円滑にし、環境を改善する。
  • 水を活性化し、ミネラルや栄養分の吸収を助ける。
たまねぎの収穫

たまねぎの収穫

玉葱は、茎が緑でまだまだ元気な様相ですが、根切りがあまり遅くなると品質に悪影響をもたらします。少しもったいないと思いながらも根切りをしました。早く、皆様にお届けできるように!

出荷を待つたまねぎ

出荷を待つたまねぎ

玉葱の茎が枯れて、乾燥ができたなら収穫の開始です。機械作業で圃場から玉葱を拾い上げていきます。後は、コンテナに入れた玉葱を圃場で十分に乾燥させてからの出荷です。

農園で見る夕陽

農園で見る夕陽

玉葱の根切りが終わってから、およそ1週間程度で茎の青みが薄れてからデカーという作業をします。玉葱を転がして、根から土を分離させ乾燥を進めます。玉葱収穫も終盤時期となると、秋も深まり夕日がきれいです。